このサイトでは、Cookieを使用しています。 詳しくはこちらをご覧ください

お問い合わせ

こちらからご連絡を差し上げる前に、いくつか伺いたい事項がございます。 以下のフォームに記入してください。 24時間以内にこちらからご連絡いたします。


  • FlexLink AB
  • Phone:
  • info@flexlink.com
記入欄に情報が正しく入力されていて、有効なものであることを確認してください
メール送信済み
エラーが発生しました! もう一度実行してください


需要主導型のアッセンブリ


エレクトロニクス
シュヴァーベンの大手メーカーでは、生産計画担当者が急増する生産量に対応できるようにアッセンブリ機器を調整するという課題に直面していました。

課題
急増する生産量に対応できるようにアッセンブリ機器を調整する。 


ソリューション
連続ラインレイアウトに、パレットコンベアシステムでワークステーションをリンクする。


メリット
需要主導型のアッセンブリで多数の製品種別に対応。

柔軟なアッセンブリ手順

以前は、手作業による「タクト」ラインで電動工具をアッセンブリしていました。 生産量の増加に伴い、機器や特定市場向けの仕様が多様になったため、従来以上に柔軟性の高いアッセンブリ・ラインが必要になりました。 その解決策として、ラインに沿ってワークステーションを並べて配置し、パレットをワークステーションに連続フロー(プリアッセンブリ用)や並行シーケンス(最終アッセンブリや試験用)で搬送できるようにしました。 その結果、プリアッセンブリ、最終アッセンブリ、試験で手動作業と自動作業を組み合わせた高効率で柔軟なラインが完成しました。

供給の一元化

新しいアッセンブリ・ラインは、ドイツ・オッフェンバッハのFlexLinkとお客様が緊密に協力して開発されました。 当初の目標の1つに、需要増に対応する半自動ソリューションの設計と実装がありました。 そのため、ローターおよび機械ヘッドをプリアッセンブリする半自動プレスステーションが設計されました。 6機の手動/自動ワークステーションで構成される最終アッセンブリ・ラインは、XTツイントラック・パレットコンベアシステムベースです。 ワークステーション1機は全自動試験ステーションで、全試験サイクルで工具の性能を検証します。 最終的に、手動ワークステーションで手動試験、目視検査、パッケージングを検証します。

新しい工具生産に対応する柔軟性

新しいアッセンブリ/試験ラインのもう1つの利点は、柔軟性が大幅に向上し、新製品の導入が容易なことです。 まったく新しい機械設計に切り換える際も、1日もかかりません。柔軟性と容易な切り換えをさらに改善するため、プレスおよびアッセンブリワークステーション/試験機器をすべて、セルと並列フローを組み合わせたレイアウトで配置しました。 ワークステーションやセルをラインに容易に追加できるため、将来的な変更や容量増に合わせて拡張できます。