このサイトでは、Cookieを使用しています。 詳しくはこちらをご覧ください

お問い合わせ

こちらからご連絡を差し上げる前に、いくつか伺いたい事項がございます。 以下のフォームに記入してください。 24時間以内にこちらからご連絡いたします。


  • FlexLink AB
  • Phone:
  • info@flexlink.com
記入欄に情報が正しく入力されていて、有効なものであることを確認してください
メール送信済み
エラーが発生しました! もう一度実行してください


自動トレイハンドリング


光学
ベネズエラ最大の光学ラボは、カラカス工場の生産自動化に多額の投資をしました。

課題
大手光学ラボのトレイハンドリングシステムを最新の設備に入れ換え。

ソリューション
自動生産フローシステムのVision X®を、回転モジュール、バーチカルスパイラルコンベア、大型エレベータ、コンベアモジュールと組み合わせて設置。

メリット
非常に長い搬送システムでの高速処理、迅速で簡単な設置。 複数のルーティングソリューションによる高い柔軟性  信頼性が高く、サポートの必要性が極めて低く、リモート運転に対応。


FlexLinkの光学部門と1年以上検討した結果、FlexLinkのVision X®プラットフォームの選択で契約が締結されました。 この自動生産フローソリューションは、生産工程全体のパレットルーティングに使用されます。 さらに、硬化サイクルでは、バーチカルスパイラルコンベアをFlexLinkのシングルトラックXHコンベアに組み合わせて使用します。

最先端ラボへの変革

お客様と密接に協力することで、FlexLinkのアプリケーションチームは生産コンセプトレイアウトを開発し、Vision X®プラットフォーム内で高度なモジュール性を活用しました。 この結果、非常にコンパクトなレイアウトとともに、シンプルな設置、信頼性の高い運転、サポート必要性の低減を実現し、リモートから大規模な機器を運用できるようになりました。

迅速かつ高い信頼性で設置と試運転

設置は2期で完了し、コンセプトの高いモジュール性により、試運転もすばやく完了しました。 毎時200超の作業を処理するシステムには、140m超の搬送路、13基のVision X®回転モジュール、2基のスパイラル・エレベータ、複数のバーチカルエレベータが組み込まれています。

柔軟性と効率

回転ユニットはVision X®プログラムの核であり、パレットを最大6レーンに分岐できます。 垂直軸のオプションにより分岐を倍増できるので、追加のエレベータは不要です。 移載はすべて自動化され、バーチカルエレベータ内と同じユニットが回転ユニットで使用されるため、最高レベルの標準化が実現され、スペアパーツの在庫数を最小限に抑えることができます。

この南米のラボは、世界で最も近代的なトレイハンドリングシステムを運用しています。