このサイトでは、Cookieを使用しています。 詳しくはこちらをご覧ください

お問い合わせ

こちらからご連絡を差し上げる前に、いくつか伺いたい事項がございます。 以下のフォームに記入してください。 24時間以内にこちらからご連絡いたします。


  • FlexLink AB
  • Phone:
  • info@flexlink.com
記入欄に情報が正しく入力されていて、有効なものであることを確認してください
メール送信済み
エラーが発生しました! もう一度実行してください


長期間にわたって効果が持続


光学
オハイオ州に本拠を置く受賞歴のある眼科用器具ラボには、40年を超える歴史があります。 今後の成長を見すえて、目下事業を拡張しています。

課題
容量を大幅に拡大し、自動化ラボに移行するとともに、人件費を削減する。  

ソリューション
段階的な投資で容量を拡大−機械とVision X®を導入して、光学トレイハンドリングと情報フローを実現。

メリット
人件費の大幅な削減。 メンテナンスの必要性が低く、スペース効率の高いソリューション。 安全で使いやすい。 必要に応じて拡張できる、堅実なパートナーシップと剛性に優れたソリューション。


40年以上前に創業以来、包括的に事業を展開する独立系ラボは、毎日1,500万セットを超える眼鏡を製造し、2,000件以上の作業を処理してきました。 また、政府機関、管理医療組織、従来型の眼鏡小売チェインやオンライン眼鏡ショップと個別に大量のレンズ供給契約を締結しています。 同社はFlexLinkチームとともに、2年間にわたってラボの自動化を進めてきました。

人件費の大幅な削減

機械を追加したほか、光学トレイハンドリングと製造現場での情報フローを管理するVision X®を導入し、2年間で生産容量を拡大しました。 同社のラボ運営ディレクターによると、この投資は今も効果を生み出しています。 「すべてをセットアップするのに人手を要しましたが、設置後は人件費が大幅に削減できました。 自動マテリアルハンドリング設備がなければ、この量を高い収益性で生産できなかったと思います」と、運営ディレクターは言います。

スマートなルーティング、卓越したサポート

FlexLinkソリューションの主な特長に、適切な作業を適切な工程に割り当てる「スマートルーティング」ソフトウェアがあります。 同社のラボ運営ディレクターは、次のようにコメントします。「ちょうど、携帯電話の新オペレーティングシステムに習熟するような感覚でした。 最初は多少苛立ちますが、そのうちになるほどと思う瞬間があり、 動作の仕組みを理解できます。  結果を実際に確認するとおもしろくなって、すべて試してみたくなります。 また、当初の施設計画やレイアウト設計から、設置の完了まで、プロセス全体でFlexLinkの卓越したサービスを受けることができました」

スペース効率の高いソリューション

40,000平方フィートの施設には多くの部屋があり、その一部は天井が低く、効率的なレイアウトソリューションの開発は容易ではありませんでした。  FlexLinkは、この課題を手際よく解決しました。スパイラル・エレベータなどの自動生産フローソリューションを導入して、機器の上部スペースを有効活用し、通路スペースを確保しました。 このソリューションはオートメーションや制御が不要で、メンテナンスの必要性も非常に低いため、バーチカル・エレベータより低コストです。 コンベアの設置と試運転もすばやく効率的に実施できます。 同社のラボ運営ディレクターは、次のようにコメントします。「FlexLinkチームは、共同作業を進める上でとても大きな役割を果たしました。 生産の混乱を最小限に抑えるように作業を管理し、できるだけ短時間でシステムを稼動できるように長時間作業しました」

パートナーシップの継続 – 次のステップの体制も万端

このラボでは、今後数年間、事業拡張を計画しています。 この目標を実現するために、同社は生産分野の長期コンセプト計画を推進しています。 施設計画はFlexLinkエンジニアと共同で作成し、容量を段階的に拡張していきます。 この多段階計画の一環として、社屋を改築、移転しました。  ラボ運営ディレクターと運営チームは、このスペースの使い方をきちんと把握しています – そして、ほぼ確実にFlexLinkの自動生産フローソリューションが関与することになるでしょう。