このサイトでは、Cookieを使用しています。 詳しくはこちらをご覧ください

お問い合わせ

こちらからご連絡を差し上げる前に、いくつか伺いたい事項がございます。 以下のフォームに記入してください。 24時間以内にこちらからご連絡いたします。


  • FlexLink AB
  • Phone:
  • info@flexlink.com
記入欄に情報が正しく入力されていて、有効なものであることを確認してください
メール送信済み
エラーが発生しました! もう一度実行してください


ラボオートメーション・ソリューション

臨床ラボオートメーション業界では、成功を達成するカギとなる要因がいくつかあります。FlexLinkの検体ルーティングおよびハンドリングソリューションは、お客様の競争力向上に役立ちます。 分析の前工程、分析工程、および分析の後工程で、効率的でシームレスな検体ルーティングおよびハンドリングを実現する臨床ラボソリューションを提供しています。

ラボオートメーション:検体ハンドリング

FlexLinkは、手作業による検体ハンドリングを最小限に抑えるカスタムソリューションを用意しており、これにより、エラーを低減し、効率を高めることができます。 検体を決定ポイントに即時にルーティングし、結果を読み取り/書き込みして、プロセス全体を通じて正確に追跡します。

ラボのモジュール式オートメーション

お客様のニーズに合わせて、ラボオートメーション・プロセスを徐々に、あるいはすばやく簡単に変更します。 たとえば、パック(キャリア)は各種コンテナや薬瓶に合わせて容易にカスタマイズできます。 ラボオートメーション・ソリューションはモジュール式で、ラボの能力を段階的に拡張でき、レイアウト変更や増設も簡単かつ低価格で実現できます。

生態系への影響を低減

FlexLinkのソリューションはエネルギー消費、廃棄物を低減して、リユーザビリティを高めます。 ラボの作業環境改善には、騒音レベルの低減や作業者の安全性の向上などが含まれ、鋭く尖ったコーナー、エッジ、指が挟まれるおそれのある隙間や重いものの持ち上げなどが排除されます。

ラボオートメーション業界におけるFlexLinkソリューション

  • バーチカルコンベアの採用で省スペースを実現しながら、高い容量を維持できます。
  • 小型ベルトコンベアX45は、製品をやさしくハンドリングし、騒音レベルとエネルギー消費を低減するとともに、各種規制に準拠しています。