このサイトでは、Cookieを使用しています。 詳しくはこちらをご覧ください

お問い合わせ

こちらからご連絡を差し上げる前に、いくつか伺いたい事項がございます。 以下のフォームに記入してください。 24時間以内にこちらからご連絡いたします。


  • FlexLink AB
  • Phone:
  • info@flexlink.com
記入欄に情報が正しく入力されていて、有効なものであることを確認してください
メール送信済み
エラーが発生しました! もう一度実行してください


ニュース

30-11-2017

RC10の新バージョンを販売中

協力ロボットを採用したパレタイジングセル、RC10が改良されました。 FlexLinkは、標準化製品のバージョン2.2を発売します。 新バージョンでは感圧式のパッド、改良されたロボットプログラム、18ヵ国語のユーザーマニュアルが提供されるほか、出荷までのリードタイムも短縮されています。

協力ロボットを採用した簡便なパレタイジング

FlexLinkの新しい協力ロボットを採用した標準化パレタイジングセルはコンパクトで、すばやく取り付け、簡単に設定できます。協力ロボットをご利用になれば、従来の産業ロボットセル比で設置スペースを50%以上も大幅に節約でき、生産フロアのスペースを最大化できます。

パレタイジングセルはCEマーク付きで、制御ボックスと制御キャビネットは両方ともリニューアルされています。

安全、低運転コスト

協力セルは安全に使用でき、フェンスシステムやケージも不要なため、オペレータはロボットの側でも作業できます。単一の取り出しユニットは1分あたり8ボックスで稼働し、最大荷重はそれぞれ8kgです。このソリューションを導入すると、オペレータは協力ロボットを停止せずに、完成したパレットを1つずつ容易に取り出すことができます。

モジュール式で容易な移動

真空ポンプ内蔵で、パレタイジングを容易に移動させることができ、外気の供給は不要です。真空ポンプは静音で、作業環境がさらに快適になります。

協力ロボットを採用したパレタイジングセルは、電気キャビネット1台を備えており、110Vと230Vのいずれでもコンベアとロボットを駆動できます。

ドッキングステーションによって、標準化セルを容易に移動させ、取り付けることができます。

簡単なインストールと構成

スマートな設計とすばやく接続できるコネクターにより、わずか数時間ですばやく簡単に設置できます。FlexLinkのタブレットアプリケーションは直感的なインターフェースを備えており、簡単にレイヤー構成ができるため、複雑なロボットプログラミングは不要です。

FlexLink Design Toolにはライン終端のパレタイジングセルも含まれており、シミュレーション機能ですばやく簡単に設計できます。

パレタイジング・ソリューションでは、コンベア位置、コンベア長、グリッパー、真空および台座などを数通りに変更することが可能です。