このサイトでは、Cookieを使用しています。 詳しくはこちらをご覧ください

お問い合わせ

こちらからご連絡を差し上げる前に、いくつか伺いたい事項がございます。 以下のフォームに記入してください。 24時間以内にこちらからご連絡いたします。


  • FlexLink AB
  • Phone:
  • info@flexlink.com
記入欄に情報が正しく入力されていて、有効なものであることを確認してください
メール送信済み
エラーが発生しました! もう一度実行してください


パレタイジング

FlexLinkは、生産プロセス全体をカバーする製品ハンドリング機能を提供しており、製品のパレタイジングにも対応しています。パレタイジングとは、通常はラインの終点でユニットやコンテナをパレット上に配置、固定する作業です。

システムの優れた柔軟性、製品変更時に再プログラミング可能であること、さらには工場内の他のアプリケーション用に再設置できることから、長期間にわたって投資収益を得ることができます。

これに適した搬送物は、ティッシュペーパーロール、あらゆる種類のプラスチックボトル、段ボール箱などです

FlexLinkは大手ロボットメーカーと協力して、お客様個別の生産要件に対応します。一般的に、ロボットは最大50kgの製品をハンドリングすることができます。

標準のグリッパーシリーズが適さない場合は、それぞれのアプリケーション用にグリッパーを専用設計することも可能です。

協力ロボットを採用した標準化パレタイジングセル

FlexLinkの標準化されたパレタイジングセルはコンパクトで、すばやく取り付け、簡単に設定できます。協力ロボットをご利用になれば、従来の産業ロボットセル比で設置スペースを50%以上節約できます。

このソリューションは、密閉式のカートンボックス用途向けに設計されており、最大容量は8カートン/分です。8kgまでの重量の製品に最適です。

フェンスシステムやケージは不要で、ロボットユニットの側でもオペレータが安全に作業できます。パレタイジングセルは連続運転に対応しています。

運転コストは低く、外気の供給も不要です。ユニットは真空ポンプ内蔵で、パレタイジングセルの移設も簡単にできます。ユニットのスマートな設計とすばやく接続できるコネクターにより、わずか数時間ですばやく設置できます。

エンジニアリングツール

FlexLink Design Toolを使用すると、パレタイジングユニットを短時間で設計できるほか、内蔵のシミュレーション機能で、容量を事前に検証できます。このツールは、コンベアと生産ライン全体の設計にも利用できます。ドラッグアンドドロップ機能により、ライン設計をユニットに簡単に統合できます。

End of line palletizing
End of line palletizing

  • FlexLinkは、生産プロセス全体をカバーする製品ハンドリング機能を提供しており、製品のパレタイジングにも対応しています。