FlexLinkはデジタル化された製造の未来に備えています

デジタル化

デジタル化された製造の未来に備える

デジタル化された製造の未来に備えています

製造業は、デジタル変革による大きな変化を経験しています。将来性と競争力を維持するためには、メーカーとブランド所有者は生産ラインの複雑で革新的な変化に対処する必要があります。 

適切なオートメーション技術に適切なタイミングで投資します

事前技術検討は、事前調査とも呼ばれ、生産の分析、潜在的な改善点の特定、新しいイノベーションが生産結果の改善にどう寄与するかを明らかにするのに役立ちます。 

技術的な事前調査を実施する理由

製造業における技術的な事前調査の目的は、生産を分析して、生産効率の向上に役立つ代替の技術的ソリューションを定義することです。事前調査は通常、生産を客観的に検査できる外部アクターによって実施されます。こうした調査は、生産効率を向上させたり、スマート・ファクトリー・オートメーションの実現に努めている生産活動を支援したりする目的で、特定のタスクに対応した複雑な技術的ソリューションを作成するためにも実施されます。あらゆる製造業に対して有効で、成長したい企業、機器全体の効率性(OEE)向上、投資回収率(ROI)の向上を目指す企業の要求に応えます。

適切な技術に適切なタイミングで投資します
仮想現実(VR)で生産ソリューションを視覚化

仮想現実(VR)で生産ソリューションを視覚化

製造業におけるVRの利用は、多くのメリットをもたらします。このテクノロジーにより、開発プロセスの初期段階で結果をよく理解し、認識することができます。この情報を使用することで、装置を取り付けて不具合が実際に発生するより前に、ソリューションの欠陥を発見できます。設計ミスが早期に検出されるほど、対策コストを低く抑えることができます。その結果、試運転時間が短縮され、すべての関係者のコストが削減されます。 

VRテクノロジーは使いやすく、情報を役立つ形でやり取りするための効率的で優れた方法を提供します。複雑な問題と解決策を説明するための優れたツールとなります。さらに、仮想世界ではCADプログラムで作成された図面よりもコンセプトを正確に理解できるため、生産ラインのレイアウトを計画する際に役立ちます。新しいソリューションが現実の形になる前にVRで体験できるのです。

リモート・サービス・アシスタンスは、時間とコストを節約します

リモート・サービス・アシスタンスは、生産停止を最小限に抑え、問題解決に要する時間を短縮するため、工場オーナーに大きな価値をもたらします。また、お客様のコスト削減にも役立ちます。サービスエンジニアが製造現場を訪問して問題を調査する場合、交通費、稼働時間などのコストが高くなる可能性があります。しかし、リモート・サービス・アシスタンスを使用すると、サービスエンジニアがこのアプリケーションに接続した時間のみが費用となります。そのため、お客様は経費を節約できます。 

もう1つのメリットは、サービスセッションを記録できることです。同じ問題が再発する可能性が高い場合、お客様は過去のセッション記録を参照して、自ら問題解決を試みることができます。また、現場の技術者がさまざまな問題を解決するトレーニングに、セッション記録を利用することもできます。

リモート・サービス・アシスタンスは、時間とコストを節約します
Digital tools to support your project

Digital tools to support your project

FlexLinks digital tools fit your digital transformation targets.