このサイトでは、Cookieを使用しています。 詳しくはこちらをご覧ください

お問い合わせ

こちらからご連絡を差し上げる前に、いくつか伺いたい事項がございます。 以下のフォームに記入してください。 24時間以内にこちらからご連絡いたします。
Read the FlexLink Privacy Policy here


  • FlexLink AB
  • Phone:
  • info@flexlink.com
記入欄に情報が正しく入力されていて、有効なものであることを確認してください
メール送信済み
エラーが発生しました! もう一度実行してください


ニュース

20-10-2020

FlexLinkは、マテリアルフローソリューションで40年もの実績があります。

マテリアルフローソリューションの先駆者であり、業界のリーダーであるFlexLinkは、2020年に40周年を迎えました。Coesiaグループの傘下であるFlexLinkは、日用品(FMCG)、食品、自動車、バッテリー、医薬品、衛生用品、タバコ市場のトップメーカーから信頼されるグローバルパートナーです。過去数十年にわたって、ヨーロッパ、北米、アジアに物流センターと製造工場を開設してきました。これにより事業ユニットをさらに拡張し、新興経済国へも進出を遂げてきました。現在、FlexLinkは世界60ヵ国にパートナーを持ち、26ヵ国に事業を直接展開しています。

40年前、FlexLinkは、製造業者が柔軟に生産ラインを設置できる先駆的なモジュール式コンベアを開発し、工業生産に変革をもたらしました。このコンセプトは設計、スケールアップされ、1980年代から世界中で商品化されました。親会社であるSKFの支援を受けて、幅広い地域でスピーディーに発展しました。

コンベア・プラットフォームはモジュラー・コンセプトにより実現しました。これは製品名にも反映されています。最初のコンベアシリーズは、XLと呼ばれ、ベアリング、包装食品、メガネ用レンズなどの軽量物用に設計されました。これは1980年に発売され、発売当初から弊社最大の売上高を誇るプラットフォームとなりました。FlexLinkは、注射器、薬瓶、電気ベアリングなど小型製品向けのXSを発売し、続いてプラスチックボトル、クリーム、瓶など中型製品向けのXM、さらにエンジン部品、シャフト、ボックスなど重量物向けのXHを発売しました。

コンベアシステムの成功を発端として、弊社はさらなる顧客中心の研究開発を続けており、新たな製品の発表へとつなげています。最初のパレットシステムとウェッジ・ソリューションは、その当時、画期的なイノベーションでした。FlexLinkは自動車市場専用のプラットフォームへの投資を続けることで、1990年代を通して力強い成長を続けました。XKヘビーデューティ・プラットフォームは、堅牢性と柔軟性が理想的に調和され、市場で高まっていた要求に応えました。

2000年代初期のアルミニウム製コンベアの成長に続いて、製品イノベーションの中心は、モジュール式ステンレススチール製コンベアや、Dynamic Flow Concept™(ダイナミック・フロー・コンセプト)など業界別に的を絞ったソリューションへと向かいました。このソリューションは最適なラインバランシングを可能にし、生産量の増加を実現しました。

2010年代のX85コンベアの発売により、アルミニウム製ビームコンベアが再び注目され、さらにX65プラットフォームが発売されました。FlexLinkは、FlexLinkデザインツールも発表し、顧客が自分でラインを設計し、生産フローをシミュレーションできる革新的な方法を生み出しました。

2012年、FlexLinkはCoesiaグループの傘下となりました。それ以降、イノベーションとユーザー体験に対する取り組みはさらに強化されています。日用品のグローバルなリーディングカンパニーとの強力なコラボレーションにより、最初の協力ロボットパレタイザー(RC10)が開発されました。

数年後、フレキシブルな産業用パレタイザー(RI20)が発売され、最終ライン工程への投入が可能になりました。高度なロボット投入に加えて、2020年にはステンレススチール製コンベアシリーズが拡張され、70mmシステム(X70X)により、乳製品などの小さく、デリケートな製品の理想的な取り扱いが実現しました。次世代のプレーンチェインにより、オペレータや製品の安全性も改善されています。

「消費者のニーズはあっという間に変わります。製造業者は、予測不可能な状況、行動様式の急速な変化など新しい課題に対処し、総所有コストに対して細心の注意を払う必要があります。  FlexLinkは常にブランドオーナーを支援し、効率性の改善、競争力の強化、スマートかつ低コストな製品生産の実現をサポートします。  弊社はお客様とともに進化し、成長していきます。」と最高営業責任者のPaolo Puscedduは述べています。「弊社は40年にわたるマテリアルフローソリューションの製造から多くの経験を培ってきました。今後も製品やソリューションの開発を続け、お客様の生産の課題に最善の解決策をご提供できるよう、努力して参ります。」

重要な出来事:

1980年代

  • XS、XL、XM、XHコンベア・プラットフォームの発売
  • 最初のパレットシステムおよびウェッジエレベーターの開発
  • 自動車業界向けに開発したXKヘビーデューティ・プラットフォームの発表
  • ヨーロッパ、アジア、アメリカに物流センターを開設

1990年代

  • 最初のワイドコンベア・プラットフォームXBの発売
  • Dynamic Flow Concept™(ダイナミック・フロー・コンセプト)の開発
  • セールスユニットおよび製造工場の地理的拡張

2000年代

  • X85コンベアの発売
  • X45プラットフォームの発売
  • エレクトロニクスの大手オートメーション企業数社を買収

2010年代

  • 2012年、Coesiaグループの傘下に加わる
  • Coesiaのコンベア部門など、産業用オートメーションの戦略的買収
  • モジュール式ベルトコンベア、衛生的なステンレススチール製コンベア、X65の発売
  • FlexLinkデザインツール(FLDT)の発売
  • 協力パレタイザー、RC10の発売

2020年

  • 産業用パレタイザー、RI20の発売
  • X70Xによるステンレススチール・シリーズの拡張
  • 40周年