このサイトでは、Cookieを使用しています。 詳しくはこちらをご覧ください

お問い合わせ

こちらからご連絡を差し上げる前に、いくつか伺いたい事項がございます。 以下のフォームに記入してください。 24時間以内にこちらからご連絡いたします。
Read the FlexLink Privacy Policy here


  • FlexLink AB
  • Phone:
  • info@flexlink.com
記入欄に情報が正しく入力されていて、有効なものであることを確認してください
メール送信済み
エラーが発生しました! もう一度実行してください


ロボットパレタイジング

FlexLinkのRC10は、一貫した品質と精度で製品を優しくパレタイズできるように設計された、標準化されたパレタイジングセルです。

オペレータの安全

オペレータの安全を確保し、負傷のリスクを減らすことはあらゆる業界で重要です。協力ロボットにより、フェンシングやケージを必要とせずに、オペレータのそばでの安全なパレタイズを可能にします。オペレータがロボットアームに触れそうになると、ロボットは自動的に停止するため、オペレータが負傷する危険性が減ります。

FlexLinkでは、第三者機関によるロボットパレタイジングシステムの広範囲にわたるテストを実施し、協力ロボットに関するISO標準TS 15066に準拠しているため、危険性がなく、オペレータは安心してロボットパレタイジングシステムと連携して作業できます。

コンパクトで柔軟性に優れた移動式ロボットパレタイザー

RC10では、市販の他のロボットと比較して、使用する床面積を最大50%減らすことができます。これにより、生産ラインのスペースが広がり、オペレータのフロア内の移動が容易になります。ロボットパレタイジングシステムは、必要に応じて生産ライン間を簡単に移動できることを目的としたドッキングステーション設計により、柔軟性を最大限高めています。

この柔軟性により、必要に応じてRC10を移動して接続できるため、必要に応じてさまざまな生産エリアで自由に使用できます。複雑なプログラミングをしなくても、ロボットパレタイジングシステムを簡単に接続でき、すぐに使用できるため、生産施設全体の柔軟性が高まります。 

直感的

複雑なプログラミングや継続的なトレーニングを必要とせずに、タブレットアプリケーションプログラムを使用して、ロボットの構成レイアウトを簡単に作成および変更できます。 

FlexLinkの標準的な協力ロボットシステムは、タブレットアプリケーションからオペレータが作成したパターンに基づいてパレタイズできるように設計されています。この標準のソリューションでは適合しない場合でも、世界各地に700台を超えるロボットを設置しているFlexLinkは、そこで得た知識と経験により、設置をカスタマイズして、最適なパレタイジングソリューションを提供します。

複数の製品や、高荷重物品のパレタイジングを生産ラインで処理する場合でも、FlexLinkにお任せください。

技術仕様

  • 1ボックスあたり最大積載量8kgのシングルパレタイジングユニット
  • 1分あたり8ボックスの積載量
  • 110Vまたは230Vの電源オプション
  • 内蔵の真空ポンプ(外気の供給は不要)
  • コンベア高さオプション:700mm、744mm、774mm、818mm、862mm
  • 設置可能なコンベア位置(右、中心右、中心左、左)
  • コンベアと協力ロボット用の電気キャビネット1基

ライン設計とレイアウト

FlexLink Design Toolを使用して、カスタム生産ラインレイアウト(ロボットパレタイジングシステムを含む)を作成し、内蔵シミュレーションプログラムによって容量の予備検証を実行できます。

 


  • FlexLinkは、生産プロセス全体をカバーする製品ハンドリング機能を提供しており、製品のパレタイジングにも対応しています。