Founder

Our history

From local pioneer to global expert

From chain conveyors to flow solutions

Forty years ago, FlexLink transformed industrial production through pioneering modular conveyors that allow producers to create flexible production lines. This concept of conveyor manufacturing has been designed, scaled up, and commercialized worldwide since the 80s. Today, FlexLink is a leading expert for chain conveyors and flow solutions for production lines.

2022 2020

FlexLinkは、柔軟性に優れたモジュール式コンベアと産業用オートメーション機器を提供する、世界有数のコンベアメーカーです。コンベアメーカーであるだけでなく、自動生産フローの完全なソリューションのプロバイダーでもあります。コンベア設計、カスタム・コンベア・エンジニアリング、ソフトウェア/サポートにより、マテリアルの動きに合わせて生産プロセスの情報フローを管理できます。

2020年には、柔軟な産業用パレタイザーRI20の発売により、最終ラインプロセス製品がそろいました。この年は先進のロボット製品に加え、ステンレススチール・コンベア・シリーズの拡張も行いました。70mmシステム(X70X)は、乳製品などのより小型で繊細な製品の取り扱いに最適です。さらに、次世代型プレーンチェインにより、オペレータと製品の安全性が大幅に向上しました。

2022
FlexLinkの歴史:2019 - 2010年

2019 2010

ソリューションとターンキー・プロジェクトを提供

2010年代のX85コンベアの発売により、アルミニウム製ビームコンベアが再び注目され、さらにX65プラットフォームを発表しました。また、FlexLink Design Tool(FLDT)も導入しました。これは、お客様がラインを設計し、生産フローをシミュレーションする方法を革新するツールです。

2012年にFlexLinkはCoesiaグループの傘下に入りました。それ以来、コンベアメーカーとしてイノベーションとユーザー体験をさらに強化してきました。世界的な大手消費財企業と緊密に連携して、FlexLinkは初の協調ロボットパレタイザー「RC10」を開発しました。

2018年には、新しいソリューションのコンパクト・スパイラル・エレベータを発表しました。市販の一般的なソリューションよりも占有面積が40%少なく、貴重な床面積を節約できます。さらに、丁寧な搬送品の取り扱い、低摩擦、運転コスト低減などの納得の機能が搭載されています。以来、当社はさらにコンパクトスパイラルを開発し、製品レンジを拡大しています。

2009 2000

お客様のニーズに合わせて成長し、市場リーダーに

FlexLinkのコンベア製造コンセプトは、プラスチック製チェインコンベアに焦点を合わせています。搬送品は、コンベア上を直接移動する場合もあり、パレット、パック、キャリーを使う場合もあります。FlexLinkが製造するコンベアは、充填、アッセンブリ、パッケージングなどのプロセスでのマテリアル・ハンドリングを自動化するために使用されます。2000年代初期のX85とX45によるアルミニウム製コンベアの成長に続いて、製品イノベーションの中心は、モジュール式ステンレススチール製コンベアや、Dynamic Flow Concept™(ダイナミック・フロー・コンセプト)など業界別に的を絞ったソリューションへと向かいました。このソリューションは最適なラインバランシングを可能にし、生産量の増加を実現しました。

FlexLinkの歴史:2009 - 2000年
1990

1999 1990

コンベアメーカーの業界ベンチマーク 

コンベアシステムの成功を発端として、当社はお客様中心の研究開発をさらに推進し、新たな製品の発表につなげています。最初のパレットシステムとウェッジ・ソリューションは、その当時、画期的なイノベーションでした。FlexLinkは自動車市場専用のプラットフォームへの投資を続けることで、1990年代を通して力強い成長を続けました。XKヘビーデューティ・プラットフォームは、堅牢性と柔軟性が理想的に調和され、市場で高まっていた要求に応えました。

1989 1980

コンベアメーカーとして開業  

1979年11月、Leif Lachoniusは、5年間の事業計画を発表し、FlexLinkの開発基盤を築きました。Lachoniusは、すでにSKF Swedenでプラスチック・チェイン・コンベアの開発に携わっており、ここからFlexLinkの歴史が始まりました。FlexLinkは1980年1月1日にコンベアメーカーとして事業を開始しました。その最初の社員がLeif LachoniusとRolf Nissbrantでした。黎明期の数年間で、コンベアシステムの急速な開発を行い、会社は競合他社を大きく引き離しました。 

最初に製造したコンベアシリーズはXLといい、ベアリング、包装食品、メガネ用レンズなどの軽量物用に設計されていました。これは1980年に発売され、発売当初から弊社最大の売上高を誇るプラットフォームとなりました。その後、FlexLinkは、注射器、薬瓶、電気ベアリングなどの小型製品向けにXSを発売し、これが、プラスチックボトル、クリーム、瓶などの中型製品向けのXMにつながりました。直後に、エンジンの部品、シャフト、ボックスなどの重量物向けXHを発売しました。 

コンベア・プラットフォームの発売後間もなく、最初のパレットシステムとウェッジエレベータのお客様への提示が行われました。グローバル・サプライチェーンが、ヨーロッパ、アジア、アメリカの流通センターの開設によって支えられました。

1980